2016年12月31日土曜日

【書籍推薦:地政学で見るブレトンウッズ体制終焉後の世界】『地政学で読む世界覇権2030』

https://honto.jp/netstore/pd-book_27644245.html

Wikipediaによると、地政学とは地理的な環境が国家に与

える政治的、軍事的、経済的な影響を巨視的な視点で研

究するものである。 イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国等で

国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的とした。

と、なる。

本書は影のCIAと呼ばれる「ストラトフォー」の元幹部で

分析部門のバイスプレジデントを務めた地政学ストラテ

ジストによる、渾身で骨太、衝撃の世界情勢予測です。




本書を読んで痛感させられるのは、米国という国土の豊饒さ

と、生産財を低コストで運搬可能な河川へのアクセスが多数

存在するという強靭な地理的アドバンテージの恵みだ。他国

の多くが、居住に適した温帯でなかったり、標高差、河川管理

などに国家予算を回さなければならならいため、余剰キャッシ

ュを作りにくい。


米国はこれらの点を自然に(開発なしで)得ており、しかも現代

になるとシェールという天然資源の獲得と、3Dプリンターという

生産技術を組み合わせることで、優位性(生産財の原料供給を

他国に頼る必要がなく、低コストになる)を更に堅固にしている。

彼らはすでに必要なものを全て手に入れているのだ。


結果、予測されるのは米国の繁栄継続と国際政治への関与

率の低下した地球儀だ(完全に引きこもったアメリカです)。


表現を変えると、ブレトンウッズ体制の終焉だ。つまり、第二次

世界大戦時に、戦後は世界各国が自由な貿易を行って繁栄と

平和の基盤を作る一方で、米国が圧倒的な軍事力(特に海軍

のシーパワー投射能力)をもって保護する体制の提供が、徐々

に薄らいでゆき、各国の勢力均衡が崩れ、「次なる戦争」が幕

を開く世界が登場する(各国は自前で生存を戦うことになる)。


地球儀で見る海洋国家と陸上国家


本書の9章から15章にかけ、世界各国の将来情勢予測がされて

おり、これからの地球儀と国際報道を見ていく上での「俯瞰図」に

なると思います。 ロシア、トルコ、パキスタン、などの国が地理的

なデメリットで苦悩する歴史を知るだけでも明日への教養になる

はずです(特に製造王国ドイツが意外な弱さを抱える点など)。


しかし、地政学は民族性やイデオロギーを除外して分析研究・予

測するものなことと、結果予測は戦略の技術ではあるが、戦略作

成プロセス自体ではないことを念頭に読んでほしい。 『ストーリー

としての競争戦略』の一節を借りれば、「機会は外在的な環境では

なくて、自らの戦略ストーリーの中にある」(p.354)であって、米国が

不在になる世界を悲観か楽観かで見ても、答えは出ないからだ。


来年のことを言うと鬼が笑う? 「鬼」の意味は奥深い。


著者は日本が将来(アメリカの世界関与が低下した世界で)、資源

の確保のために、サハリン及び中国東北部へと軍事力を行使する

シナリオを提示しているが、これは米国が相当のモンロー主義的に

なったときの、「可能性としてあり得るオプション」と見るべきだろう。


年越しのコタツのなかで、ゆっくり読むのにお勧めの一冊です。

本年の更新はこれで終わりですが、皆さん、良いお年を!

ありがとうございました。




2016年12月29日木曜日

【グルメ散策:梅田の地下で楽しめる北欧カフェの味と遊び心】 nord kaffe ノードカフェ大阪駅前第3ビル店


世界の国別一人あたりコーヒー消費量において、日本は第14位。

首位はルクセンブルクで、第2位~第4位はフィンランド、デンマー

ク、ノルウェーと、北欧の国々が続いています。やはり、暗くて長い

冬が続く北欧にとって屋内の温かい一杯は大事な時間を演出する

のに欠かせない、ということでしょうか。 


本日は梅田の地下で北欧の雰囲気を楽しめるお店を紹介します。





梅田にある大阪駅前第3ビルの地下2階

の、ノードカフェさんへ。店内は北欧らしい

素朴でスタイリッシュな作りです。





もちっふわっ、の北欧ベーグルです。

ポテトとプチトマトと玉ねぎ等のサラダ。

選べるスープでミネストローネのセットに

しました。 トッピングにクリームチーズ。




切れ込みを入れて、クリームチーズを

塗って、パクっと頬張ると柔らかなベー

グルの自然な甘さに、クリームチーズの

旨味とコクが協奏して幸せになります。


北欧らしく、木製のスプーンとフォークに

は、愛嬌のある顔のデザインが。寒さの

なか過ごすにはユーモアが大切ですね。

心が温かくなります。




こういう遊び心のあるスプーンとフォークで食べる、サラダと

ミネストローネの美味しさと温もりはこれまた格別ですね。



nord kaffe ノードカフェ

〒530-0001 
大阪府大阪市北区梅田1-1-3 B2
TEL 06-6450-0136
 

2016年12月27日火曜日

【洋画推薦:使命か執念か?対テロ戦争の歴史の転換点】『ゼロ・ダーク・サーティー』(2012年)

もとより、基本的に映画はフィクションである。


あのフェデリゴ・フェリーニの言葉を借りると、「虚構には、

日常的で見せ掛けの現実よりも、遥かに深い真実味があ

る。本物でなければならないのは、見たり、表現したりする

時に経験する感情である」。極論を言えば、映画は芸術と

言う以前に、「面白い虚構で俗世間の見世物」ですと言う

ことですね。

ならば、政治的色彩のある戦争作品はどうなるか?




本作品『ゼロ・ダーク・サーティ』は対テロ戦争の転換点とされる、2011年

5月2日のビンラディン殺害作戦達成の経緯を描くサスペンス作品です。

2013年度アカデミー賞音響編集賞受賞作品。


米国同時多発テロ後、巨額の資源を投入しながらもいまだビンラディン

の居所を発見出来ない、CIAのパキスタン支局に若き分析官のマヤが

配属される。情報を引き出すための凄惨な拷問現場、自爆テロによる

同僚の死、無能な上層部の対応などを乗り越えながら、パキスタンの

地方都市アボッタバードにあるビンラディンの潜伏先を遂に発見する。


ステルス型のUH-60ブラック・ホークが海軍対テロ特殊部隊を乗せて

基地を発進した運命の時刻は00:30(ゼロ・ダーク・サーティー)・・・




キャスリン・ビグロー監督によるドキュメント

風の演出と、まるで戦闘現場を目の前で見

ているような夜間戦闘シーンの静寂さと緊

張感は観客に歴史の「転換点」を痛烈に伝

えてきます。もちろん、本作を対テロ戦争の

プロパガンダ映画とする向きもあるだろう。


しかし、フェリーニの言葉を再び借りるなら

「本物でなければならないのは、見たり、表

現したりする時に経験する感情である」。主

人公のマヤが使命感と執念の境目で任務

を遂行し、ビンラディンの死を確認し、帰国

便内で涙する姿は空虚な現実の象徴だ。





本作は、あのビンラディンの追跡・殺害という、政治的要素の

極めて強い要素のあるテーマを扱いながら政治色よりもむし

ろ、孤高のヒロインがビンラディンという「マクガフィン」に振り

回され、苦悩する様相を技巧表現することで、政治色になる

のを避けながら「対テロ戦争の詳細」を徹頭徹尾描いている

ところが妙味と思います。



ビグロー監督が得意とする、戦場と諜報の世界に生きている

プロフェッショナルたちを臨場感たっぷりにハードに描写する

特に終盤の殺害任務を帯びた特殊部隊の侵入・戦闘シーン

は、ナイトビジョンの視点も交えつつ「虚構と現実の交差点」

のようで視聴者を「緊迫の作戦現場」に連れていってくれます。



尚、ここで「マクガフィン」とは作品を動かす上で重要であるも

のの、それがそうであるという理由や必然性が存在しないも

のや、代替出来るもの、を意味します。弱者の戦略たるテロ

リズムは言うまでもなく、誰によってでも代替されるものです。


あれから世界はどれほど変化したか?

あれから世界はどれほど平穏になったのか?


繰り返しになりますがこの答えは、主人公の彼女が帰国便の

輸送機内で涙したことに尽きる、と思う。


対テロ戦争の裏側を描いたサスペンスアクションとして秀逸な

お勧めの一本です。


2016年12月21日水曜日

【書籍推薦:大丸心斎橋店をリスペクトするレトロイラストと短編漫画集】 『百貨店ワルツ』

https://honto.jp/netstore/pd-book_27600153.html

特に思い出深いデパートの一つに、大丸心斎橋店が

あります。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の本館は、ゴシッ

ク風ながらもどこかオリエンタルなスタイルで、豪華

な装飾の店内に入ると、日常から一気に異世界へ

引き込まれるような感覚を覚えたものです。

(p.114 あとかぎ)






デパートと言うと、皆さんはどう思われるだろう?


楠木建さんの『ストーリーとしての競争戦略』の一説を拝借すると、1960年

代の小売業の王様で「家族で半日楽しめる行楽地」の最右翼であったが

エンターテイメントが増えた近年は一環して長期低落傾向のイメージになる

と思います(経済史的にはで、他意はありません)。


一方、大正・初期昭和レトロの世界観に心を躍らせる方もいるでしょう。
 


大丸心斎橋店(改築中前)















本書は虚構の20世紀初頭の「三紅百貨店」を舞台にしたイラスト

及び短編漫画集です。近代ロマンと和風色を基調にしたモダンで

ロマンティックで艶やかで美麗なレディたちが描かれてあり、読者

を追憶的(ノスタルジック)な世界へぐいぐい引き込んでくれます。

本書は「読みもの」というよりかは、「観るもの」に近い気がします。 



読んでいて感じさせるのは懐古趣味的でいて、作者が

大丸心斎橋の店で感じた「異世界」の美的感覚を現代

解釈しながらリスペクトしようとする純朴な姿勢ですね


レディたちだけでなく販売品の描写も美しく、まるで百貨

店の紹介カタログを読んだり、ウィンドウショッピングを

しているような気分になります。また、蛇腹格子の内扉を

開閉する手動式エレベータ(昇降機)をお客様にとっては

イベントであったとする本質を捉えた説明があって憎い。




郷愁(ノスタルジー)と空想(ファンタジー)は真逆の関係であるはず

なのですが、実は共通する一つの世界像にあります。なぜなら郷愁

も、空想も「今ここでは希少なもの」を飛翔させて解釈しようとするこ

とだからです(モダンガールや販売品の美麗さや艶やかさなど)。


百貨店はその飛躍した世界観が交差する夢なことが伝わる一冊です。



2016年12月15日木曜日

【書籍推薦:清掃技術サービスはおもてなしです】 『新幹線お掃除の天使たち』


https://honto.jp/netstore/pd-book.html?prdid=25308883
「新幹線劇場」には、三つの役が必要です。
役者。

大道具と小道具。

案内。

そして、

この劇場の主役は、なんといってもお客様です。

すべてのお客さまに新幹線の旅を心地よく感じてもらえるように。

私たちの夢はその心と共にあります。(p.131)



清掃業はいわゆる「3K」の職業と言われる。


僕も職務柄、経験があるのだが、施設の清掃洗浄作業は、基本的には

キツイ、汚い、危険が付きまとう。もちろん、サニテーション(衛生管理)

は、飲食・施設・食品業界の品質保証に直結するので、手を抜くなどは

ご法度ですが、「出来ていて当たり前の品質」なので、なかなか世間の

持つイメージと、そこで働く個人のモチベーションが高まりにくいのが現

状と思います。
 

総合的品質管理(TQM)の考えを借りれば、お客様の期待を超える「魅

力的品質」でないと、「3K」のイメージの壁を越えることは難しいのです

ただし、現場(オペレーション)は座学で習えることは少なく、そもそもと

して、オペレーションが戦略たり得るのかという疑問を持つと思います


著者の遠藤功氏は、早稲田大学ビジネススクール教授で、現場力の実

践的な研究(オペレーション戦略)を行っている人です。


鉄道整備株式会社。通称テッセイの名前で親しまれている会社は、メデ

ィア報道で見られたかたも多いと思います。清掃の手際の良さ、礼儀の

良さも半端なし、整列してのお辞儀で清掃完了のお出迎え、かっこいい

など、様々な方面(特にネット上も)から賞賛の声が集まっていますね。


わずか7分程度で新幹線車内を清掃し、「おもてなし」するチームです。

見事にオペレーション(現場力)を経営戦略として成り立たせています。



清掃作業を終了後に一礼して乗客を迎えるスタッフ



この本で、「新幹線お掃除の天使たち」と呼ばれる従業員たちの会社は

今でこそ新幹線清掃のプロフェッショナルとして今でこそ名を馳せていま

すが、昔は「しょせん自分たちは清掃員」という意識がどんよりと蔓延して

いるように見える、会社だったと、テッセイの仕掛け人の矢部輝夫さんは

着任当初に思ったという節は、感動品質は一日でならずを感じさせます


現場クルーが経験した心温まるストーリーの第1部と、テッセイが生まれ

変わるまでの2500日を描いた第2部を通して、どのようにして「世界一の

現場力」が生まれたかを読み進めるうちに、スタッフの心優しさや清掃の

プロ意識を通じてきっとあなたも、また新幹線に乗りたくなると思います。


泥酔して従業員にイタズラをし、シートでぐるぐる巻きに処置された客の

話もありますが(苦)、こんな機微を通して、オペレーション戦略(現場)

の経営学と、温かい人間味を学べることが出来るお勧めの一冊です。


2016年12月11日日曜日

【書籍推薦:英国チャンネル諸島の人間賛歌】 『ガーンジー島の読書会』


以前、『プリズン・ブック・クラブ』の記事を書いたとき、同書で

実際に登場人物たちが読んでいた、この本を知って、興味を

持ちました。
 
 

https://honto.jp/netstore/pd-book.html?prdid=25937654

舞台は1940年代初頭の英国チャンネル諸島(英仏海峡の

間にある島々です)を構成する2番目に大きな島のガーン

ジーが舞台です。1940年7月から1945年5月9日まで

ナチス・ドイツの占領下にありました。(尚、チャネル諸島

は最大時4万人が駐留して、要塞化されていたとのこと)


当初こそ、丁重な態度であった占領軍も、戦時下における

食糧の慢性的な不足、衛生用品の欠如の他、外出禁止時

間制限など、ナチスの統制は次第に厳しくなっていきます。



主人公のジュリエット・アシュトンは作家で、戦後、あること

からガーンジー島の人たちと文通を始めることとなります。

とある日に、彼女は島の占領時代にエリザベスという女性

が仲間と外出時間規制を破った言い訳として、ナチに「ガ

ーンジー読書会の帰りです」というウソを言い、あとで実際

に、島民の拠り所となる読書会を創設したことを知ります。

ここから物語りは、個性豊かな登場人物たちをからめて

ぐいぐいと進んで行きます。




 

 戦時下の勇気、奴隷労働や収容所、食糧の欠乏という戦争の

 悲惨な現実の下にあってなんとか生きようとする人の姿や、そ

 んな苦しさのなかでも、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』

 や、マルクス・アウレリウス『自省録』、トマス・カーライル『過去

 と現在』などの著作を読み、生きる糧にしようとする島民の姿

 は、読書を愛する全てのものにとって幸福感を与えてくれます。


  読書は心の飢えを満たす行為なんです、やはり。


 ほぼ全編が、文通のやりとり形式で描かれる小説なので、読み

 進めていくうちに、英仏海峡の潮風を感じながら、登場人物たち

 の内情を知って、親近感をもっていくようになっている作品です

 電子メールやLINE全盛の現代だからこそ、忘れているものが

 ここに詰まっています


 最後に、ガーンジー島を訪れた主人公が見つけた結論とは?
 
 こういうユーモラスな視点でのオチって英国らしいです。


 あと、あのオスカー・ワイルドが憎らしい形で登場しており、作者
 
 はアメリカ人ですが英国文化好きにとって思わずニンマリさせら

 れる後半の物語を演出しています(このセンスには脱帽した)。

2016年12月10日土曜日

【MOLESKIN】 僕のモレスキンノート初活用挑戦記録


伝説のノートと言われるのが、「モレスキン

誰かが俗に「意識高い系のノート」なんて言うけど、さておき(笑)

あのヘミングウェイやピカソも愛用したノートです。

長い間どのように使うのかと、迷った末に、本年より挑戦しました!



https://www.moleskine.co.jp/



使い方が自由自在なのが、言うまでもなくモレスキンの特徴です。

とりあえず・・・・・

汎用性のある網掛けタイプでソフトカバーのノートを購入しました。


気に留めたことをメモったり、資格学習などの資料を切り貼りして

要点をまとめたり、ささっと予定を書き込んだりしたりや、美術鑑賞

のとき、気に入った作品をささっと素人デッサンしたりとしたりです。


システム系手帳のように機能を限定していないのであとで読み返した

ときに、「一冊のノートで総合的に今ままでの情報を」把握して、次の

アイデアとか何かが湧く自由な使いかたがモレスキンの魅力だなぁ、

と思いました。






まぁ思うに、自分なりのモレスキンノートのページが積み重なっていくこ

とで、世界に一冊だけの自分のための「ブック」を完成させていく楽しさ

は、まるで「手塩にかけて育てていく」ような醍醐味さがありました。


僕は専門職なので品質マネジメントシステムから労働安全衛生法やら

のエッセンスを学習&貼り付けすることで、自分用テキスト(スキマスイ

ッチ風に言うならボクノートかな)が出来てきましたのが最近の状況で

す(あまり面白くない例えでしたが)。グーグルカレンダーを縮小印刷

して貼ることでスケジュール帳を作ったりもしてみました






ビジネス本も単に読むより、メモを取りながら、 気に入ったところをコピー

して貼り付けて読書メモをつくってみました。あとで続きを読んでいくときの

振り返り(前回の思い出し)になりました。他にはA4サイズのPDF資料を

60%のサイズに縮小すると、モレスキンのサイズに収まったのでこれらも

貼り付けることで、部分的に携帯したい資料が出たときのファイルとしても

使っています。






次々と色々な要素が出るので、最終成果がどうなることやらです。

半分、落書き帳になりそうですけど(苦)ともあれ、モレスキンノート

は、作業支援機能はもちろんながら、自己表現をするための、自由

な場所でありますし、使えば使うほど愛着がホント湧いてきますね。


2016年12月4日日曜日

【美術鑑賞:キャンバスの中で生きている本質】 阪急百貨店 『ホキ美術館名品展』


一見すると写真に見えますが、実は絵画なのです!

細密な写実絵画です。



島村 信之 《日差し》 2009年



最近、知ったのですが、千葉県には日本初の写実絵画専門の

美術館になる、ホキ美術館があるとのこと。

阪急百貨店ミュージアムに今回、『ホキ美術館名品展』が来た

ので、さっそく脚を運んできました。






15世紀の初頭、レオナルド・ダ・ヴィンチを頂点に完成されたと言われる

のが写実絵画。しかし、19世紀初頭に写真が発明されますと写実絵画

の価値が下がり、抽象絵画をしないものは画家にあらざるという世相が

表れたこともあって、画家から写真家に転向する人も続出したそうです。



羽田祐 《サン・ジミニアーノ初夏》 2012
原雅幸 《光る海》 2010


 
ホキ美術館公式サイトの説明を借りると、「写実とは、目の前にある対象を

再現することでも模倣することでもなく、その対象のずっと奥にあるものと

出合うこと」、「物事の本質を見つめ続け、存在を描くこと」となっている。



話は少し変わるがボタニカルアート(植物学的絵画)というジャンルがある。

産業革命以前より専門誌も発行され続けており(英国キュー植物園)その

理由のひとつが、人間の目だけが本質をサンプリングし、描くことで第三者

に「本質」を伝えることが出来る(もちろん、ボタニカルアートは専門の教練と

学識が必要となってくるが)からだ。カメラは写すことしかできない、と。



このことは、写実絵画が現代で問われている役割にも繋がっていると思う。

僕の絵心は、ノートに雑な鉛筆スケッチが関の山(笑)ですが、3ヶ月から

長いもので1年をかけて描かれる写実海外の世界で、皆さんも芸術の冬

に、心揺さぶられてはどうでしょうか?






2016年12月2日金曜日

【書籍推薦:2016年度ノーベル文学賞ボブ・ディランの源流本】 ジャック・ケルアック 『オン・ザ・ロード』



近所のガーデンの隠れるような小道で綺麗な花が咲いていた。

人生の路上(ロード)は至るところに枝道がある






魯迅は小説『故郷』の結びで有名な、「思うに希望とは、もともとあるもの

とも言えぬし、ないものとも言えない。 それは地上の道のようなもので

ある。 もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になる

のだ」と、言った。


けど、「道」(ロード)の奥深さは近代中国文学に限らない。


本日紹介するのは、「Simple」読書会大阪に参加したときからの一冊

で、あのノーベル賞授賞式不参加のボブ・ディラン氏が「僕の人生を

変えた本」と言う、ジャック・ケルアックの小説「オン・ザ・ロード」です。

話は著者の自伝的内容となっている。



時は60年代のアメリカ。経済的には何不自由ない生活と中産階級

とホワイトカラー層の厚みが広がり始めた時代ですが、若者たちは

この現況に背中を向けるカウンターカルチャーの扉が開いた広大な

アメリカ大陸を、語り手である若い作家のサルとその親友のディーン

は、叛逆的に自由を求めてヒッチハイクなどで疾駆する。






彼らはニューヨークからサンフランシスコへ、黒人音楽の聖地で

あるニューオリンズへ、果ては大陸を南下してメキシコ・シティへ。

自由のまま、行き当たりばったりで、まるで季節労働者(ホーボ)

のように流れて移ろいゆく路上(ロード)の男の人生が描かれる。

飲んだり、語ったり、ジャズに、行きずりの恋やセックスをしたり。


終盤のある晩、マディソン街の角で、朝の三時に彼らは話し込む。


「なんでも好きなことをやっていい、そんなのはこれっぽちも気にならない
ってな。でもな、おい、年取ってくると、気になることが積みあがってくる。
いつの日か、おまえとおれは夜明けによろよろとそこらの路地にさまよい
こんでゴミの缶をのぞくことになるんだよ」

「かもな。なりたきゃ、もちろん、なれる、そういうことだ。そういう終わり方
も悪くないよ。政治家とか金持ちといった他人どもがなにを望もうが、そん
なのとは関わりなしで一生生きる。だれも邪魔しない、すいすいと自分の
道を進めるぞ」 ( p.400 )


この小説は、ストーリーというよりも、アメリカの叙事詩のような

気がする。ある意味、どの章から読んでも悪くないと思う。


主人公達は、昔に奴隷を脱した黒人たちががギターとブルーズ

を携えて悠々として旅していたような原初的な光景に憧れてたの

だろうか、と思ってしまった(奔放さの中にある人間性の解放を)。


働き方改革が叫ばれるなかで、「路上」(ロード)で生きる男たちの

姿は僕らを旅に誘うし、何か覚悟に似たものを迫らせる気がする。